「幸せの門出は、みな平等です」
私と一緒に愛し合う二人の結婚を支援しませんか

LGBT ウエディングプランナー Yanagida Kasumi

私たちも LGBT ウェディングを応援しています

wecoメディア編集長
高橋康博氏
wecoはこちら

あなたののぶゑ (三浦 暢久)
九州レインボーブライド代表
MarriageRings 4 LGBT 代表

市川 武史 株式会社エニシア
on the Ground Project(R)

LGBT Wedding Planner
Kasumi Yanagida

「幸せの門出は、みな平等です」 私と一緒に愛し合う二人の結婚を支援しませんか」

東京オリンピックを控え国際的な価値観に合わせるため、メディアではLGBTについての話題を 見ない日はありません。 LGBTが気持ちよく使えるモノやサービスでないと、ヨーロッパでは商売 できなくなるというぐらい国際的価値観は進んでいます。

企業や事業主が取り組む主な理由は生産性向上・採用・離職防止のための『従業員対応』や LGBT市場・CSR法律厳守・サービス向上のための『顧客・投資家対応』 2つにあげられます がこのLGBTという新たな市場開拓にはクローズドマーケットから切り開いていく必要があります。

その難い門戸をすでに切り開いているYanagidaが専用のWEBメディアや研修などでLGBT市 場開拓のお手伝いをするメディアプログラムを開設いたします。 『LGBTの結婚』に対する取り組みの門戸が行政や保険などから少しずつ開かれてきている今が 動きどきです。「幸せの門出は、みな平等です」 一緒に愛し合う二人の結婚式を支援しましょう。

wecoメディア編集長
高橋康博氏

「カップルごとに愛のカタチは様々であり、そのカップルごとに結婚式のカタチも違うのが当然」

フリーランスウエディングプランナーKasumi Yanagidaさんは、LGBTウエディングを専門とするウエディングプランナーではないのですが、日本のウエディング業界の中では最もLGBTカップルのウエディングに長く、深く関わってきた人です。

Yanagidaさんがサポートする結婚式は、すべてフリースタイルのウエディング。 私自身もweco編集長として何組かの結婚式を取材させていただき、wecoメディアでそのレポートを記事にさせていただきましたが、どの結婚式もカップルごとに違っていて同じ結婚式はひとつとしてありません。それは、同性婚カップルも異性婚カップルも、カップルごとに愛のカタチは様々であり、そのカップルごとに結婚式のカタチも違うのが当然であるという考え方に根差したものであると感じます。

どのカップルも結婚するということにおいては様々なデリケートな問題を抱えています。結婚は否応なく二人だけで完結することではないからです。それを理解した上で結婚式に至る過程をサポートできるプロなのかどうか?それは大きな問題です。

残念ながら、既存の結婚式業界は、カップルごとに愛のカタチが違い、結婚式のカタチも違うものであるという前提に立って仕組み作りをしてきませんでした。昨今「LGBT」という言葉だけが一人歩きをしている現状において、LGBTウエディングを積極的に応援しようという企業が増えることはプラスに評価していきたいものの、その思惑と実態の乖離は大きく、一時の流行で終わってしまわないか危惧しています。

ウエディング業界に、「みんな違って当たり前」が浸透するまでは、さまざまな根本的な構造問題が山積していますが、Yanagidaさんをはじめとする、フリーランスで活動するウエディングのプロたちが、その流れを変えつつあることに大いに期待を感じています。

あなたののぶゑさん

あなたののぶゑ (三浦 暢久)
九州レインボーブライド代表
MarriageRings 4 LGBT 代表

「全てのカップルさんに渾身をこめて尽くしている」

私が、自身の手でLGBT当事者のウエディングをちゃんとできるところを創りたい!と、ブライダルの世界を目指し始めた頃、知人の紹介で 柳田さんと知り合いました。 彼女と最初にお話をさせていただいた時に、彼女の情熱には本当に驚きました。

柳田さんはカップルさんにとっての結婚式のなんたるかを真剣に考え、それを精一杯表現しようとする姿が肌で感じるこのです。私はゲイ当事者として彼女のことを見ていても、彼女のLGBT当事者カップルに向き合う真摯な態度は本当に素敵だと思います。

それはLGBT当事者のカップルのみならず 全てのカップルさんにも渾身こめて尽くしている、それが本気で伝わってくるのです。数少ないプランナーだと確信しています。 彼女はとても職人気質でとても頑固ですが、とてもフレンドリーで柔軟性に富んでいますから、二人が目指したい姿を 結婚という根底に流れている大事な意味を外さずに表現して、カップルにとっての最高の当日を創っていけるのだと思います。

ここまで当事者に寄り添える方は少ないと思います。 私にとって彼女は背中を見、追い求めていきたいです。全てを彼女に任せればそれは本当に安心だと思います。

株式会社エニシア
市川武史さん

「人生の伴走者」

最近ではLGBTのウェディングプロデュースサービスが増えてきていますが、私は柳田さん、VALENTY WEDDINGが一番安心してお願い出来ると思っています。

この分野での第一人者、先駆者ということもありますが、私が柳田さんの素敵だなと思うところは、「結婚式」をゴールとしておらず、そのお二人がどのような人生を過ごしたいのか、周りの方とどのような関係を築いていきたいのか、何を大切にしているのかを理解したうえで、結婚式を挙げているおふたりにご提案をされているところです。

時には、優しさだけではなく、姉御として厳しいアドバイスに背筋がピーンとなる事もあると思います(笑)

まさに、ウェディングプランナー、というよりも人生の伴走者という表現の方がふさわしいと思います。

柳田さんはLGBT当事者(という表現はあまり好きではありませんが、あえて使わせて頂きます)ではありませんが、だからこそ一歩引いて、関係者すべての人が温かい気持ちになれるよう、カップルやそのご家族に伝えられる事があるということを、柳田さんの仕事に取り組む姿勢から教えて頂きました。

柳田さん、VALENTY WEDDINGの取り組みを通じて、多くの人に温かい笑顔が生まれることを心より祈っております!

LGBT層100人に7人

2015年電通ダイバーシティーラボの調査によると、LGBTを自認する人は全体の7.6%。左利き、AB型の人が日本人に占める割合とほぼ同じです。それだけ身近であり特別なことではありません。「ボーダー(境)」で分ける必要はないのです。

「結婚式のカタチを決めていく手助けをする」

“そこにあなたがいて、愛すべき人がそばにいてくれる”そう思う感情は、セクシャリティ関係なくごく当たり前なこと。カップルごとに愛のカタチが違い、結婚式のカタチも違う。しかしながら幸せの門出は、多様であってもみな平等なのです。「結婚式のカタチを決めていく手助けをする」それが、にじいろWedding Styleです。

実際のLGBTカップルの実例をご紹介

LGBT ウエディングプランナー Yanagida Kasumi がプロデュースしました。

あゆみさんとたか子さんのカップル。お二人は大学時代の友人でした。あゆみさんの片思いから始まった二人の関係は、周りの友人達も気づいていて、温かく見守ってくれていたそう。 それから何年もの年月が経ち、お二人はお互いを生涯のベストパートナーだと感じるようになりました。たか子さんのバースディのタイミングに合わせて、学生時代の友人達に二人の関係をコミットしたい…。そんな時にVALENTY WEDDINGの存在を知ったお二人からご連絡いただいたことが出逢いのきっかけでした。

お二人の希望はいたってシンプル。ウエディング写真を撮ること、共通の友人に感謝のおもてなしをするパーティを。挙式はしなくてもファンシーな料理があればいい。予算は限られているので、その範囲で収まるようコーディネートさせていただきました。前撮り撮影はフォトスタジオで。あゆみさんはタキシード。たか子さんはウエディングドレス姿で撮影しました。お二人と気持ちの通じ合うチームでサポートしたかったので、前撮りで担当してくれたヘアメイクさんには、特別にパーティ当日も担当していただきました。

12人のゲストを招待してのパーティ会場になったのは、虎ノ門のビジネスホテルにある20席の小さなレストラン。ウエディングでの貸切パーティははじめてということでしたが、ランチコースの料金で貸切させていただき、お支度用でホテルのルームをお借りしました。二人の気持ちと決意を、大切な友人たちにお伝えするコミットメントパーティ。これまでの二人のことを知るゲストとのひとときは、言葉にせずとも通じる思いに溢れ、とても感動的でありとても和やかな時間でした。

20席の小さなイタリアンレストランを貸切に。オフィス街のホテルレストランなので週末は混み合わないため、貸切もランチコース料金のみでフレンドリーに対応してくださいました。

この日のパーティでのタキシード、ドレスはお二人の自前。たか子さんの赤いドレスは学生時代のサークル仲間に作ってもらった思い出の衣装だそうです。

お二人の共通のゲストは大学の音楽系サークル時代からの10年来のご友人たち。ご招待した12人全員がご参加くださいました。どんなパーティなのかは詳しく知らせずにご招待しましたが、皆さん薄々感じていらっしゃったご様子。会場に飾られた写真を見て、やっぱりそういうことよねと、嬉しそうな表情で二人の登場を待っていらっしゃいました。

ゲストの皆さんが緊張しているだろうから、和やかな雰囲気でスタートしたいと、大好きな曲に振り付けをし、踊りながら入場しました。実は始まる直前まで二人もとても緊張していましたが、祝福の拍手で迎えられ、吹っ切れた笑顔が印象的でした。

ラストシーンは、たか子さんからゲストの皆さんへの感謝の手紙を朗読。泣いて、笑って、感動に包まれた、温かなパーティがお開きとなりました。大切な仲間の皆さんからたくさんの祝福と声援をいただき、新しく始まる二人の人生を歩み出すことができました。

おふたりから LGBT ウエディングプランナー Yanagida Kasumi さんへ

おふたりから

LGBT ウエディングプランナー Yanagida Kasumi さんへ

柳田さんとの出会いは、本当に偶然で・・・ 。たまたまLGBTにも寛容なプランナーさんを探していた時にHITしたのが柳田さんでした。

私たちの出会いから今までの経緯や、なぜ式をしたいのか、どんな式をしたいのか、経済的な面も含めて、フレンドリーに、また真摯に関わってくださいました。 おかげさまで、仲間に祝福してもらい、楽しい時間を過ごすことができ、 私たちの記憶にも深く刻まれる時間となりました。

普通のホテルの挙式プランでは出来ないこと、型にはまった式ではなく、 自分たちの思い描く式を求めているのなら、ぜひ柳田さんに相談してみてください。 きっと幸せで記憶に残る大切な時間を実現してくれます。

あゆみさん&たか子さん

にじいろウエディングへのお問い合わせ